医療・健康Tips

突然息が苦しくなる過換気症候群の対処法

  • 文字
  • 印刷

 突然、呼吸が苦しくなって「このまま死んでしまうのではないか」という恐怖さえ感じることのある過換気症候群。若い女性に多い病気といわれてきましたが、男性や高齢者にもみられます。万一に備えて、発作時の対処法を知っておくと安心です。

 過換気(過呼吸)症候群は、呼吸が荒く浅くなって息が吸えないような状態に陥る病気です。血液中の二酸化炭素濃度が急激に低下して血液がアルカリ性に傾くことで、息苦しさのほか、めまいやしびれ、けいれんなどの発作が出現します。

 発作は長くても30分程度で自然に軽快しますが、繰り返すことが少なくありません。本人は非常に苦しく、このまま死んでしまうのではないかという恐怖さえ感じるといいます。ただし、死に至るような病気ではなく、後遺症もありません。まずは発作が起きても大丈夫と知っておくと、不安が軽くなります。

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1322文字)