医療・健康Tips

もっと知りたい! 乳酸菌のチカラ

  • 文字
  • 印刷

 「体によい」というイメージが定着している乳酸菌。乳酸菌を利用した食品の代表であるヨーグルトなどを積極的にとっている人もよくいますが、実際には体にどのようなよい影響をもたらすのでしょうか。

 地球上には数多くの微生物がいますが、有益で役立つ微生物のひとつとされているのが乳酸菌です。乳酸菌とは、発酵によってブドウ糖や乳糖などの糖を分解して「乳酸」をつくる細菌の総称。現在確認されているもので350種類以上あり、自然界に広く存在していて動物や人間の腸内にも生息しています。

 乳酸菌のはたらきでよく知られているのが腸内環境を整えるはたらき(整腸作用)です。人間の腸内にはさまざまな種類の細菌が生息しており、その数は約100兆個、種類は500種類以上にのぼることがわかっています。これらの細菌は「腸内細菌」と呼ばれており、私たちの体調や健康と関わりがあると考えられています。

 腸内細菌には、体によいはたらきをする善玉菌と悪い影響を与える悪玉菌、どちらともいえない日和見菌があります。善玉菌の代表格としては乳酸菌が、悪玉菌では大腸菌などが知られています。

 乳酸菌を摂取すると腸内で乳酸をはじめとした酸性の物質がつくられ、腸内は酸性の環境になります。すると酸に弱い大腸菌などの悪玉菌は増殖が抑えられ、結果として腸内環境が改善されます。

この記事は有料記事です。

残り1410文字(全文1971文字)