開眼!ヘルシーアイ講座

忍び寄る失明の危険、どうする?

戸田郁子・南青山アイクリニック院長
  • 文字
  • 印刷

 前回お伝えした老眼や白内障は、年を重ねたら誰もが避けられない老化現象の一つと言えます。一方で、誰もがなるわけではないけれども、近年増加傾向の加齢と深い関係にある病気もあります。それが、緑内障や加齢黄斑(おうはん)変性で、日本人の主な失明原因にもなっています。初期段階では自覚症状が出にくく、進行するまで気づきにくい目の深刻な病気。きちんと知って、対策を立てておきたいところです。目の老化の基本について引き続き、南青山アイクリニック(東京都)の戸田郁子院長に聞きました。【編集部・中村好見】

 緑内障は、何らかの原因によって視神経に障害が起こることで、見える範囲が狭くなっていく病気です。障害者手帳の新規交付数から推察される、日本人の失明原因の第1位(表)です。また日本緑内障学会の大規模な調査によると、なんと40歳以上の20人に1人が緑内障にかかっており、推定される国内の患者数は約350万人に上ることが分かりました。緑内障は決して珍しい病気ではないのです。それにもかかわらず、この調査では、緑内障にかかっている人の約9割が、自分が緑内障であることを知らない未診断の状態にあるという、驚くべき事実も明らかになりました。

 なぜ緑内障は、自分では気付きにくいのでしょうか。ほとんどの緑内障はゆっくりと進行し、視界の周縁部から欠けていきます。しかし人間は見たいものを目の中心で捉えるので、周縁部の視野についてはあまり気にならないからです。また、人間は片方の目の視野が欠けても、両目で見て視野を補って、脳で補正するからです。とはいえ、実際には一部の視野が欠けていますから「最近よく転ぶ」「すれ違いざまによく人とぶつかるようにな…

この記事は有料記事です。

残り1345文字(全文2054文字)

戸田郁子

南青山アイクリニック院長

とだ・いくこ 筑波大学卒業、東京慈恵会医科大学眼科、慶應義塾大学眼科学教室に入局。ハーバード大学眼研究所でドライアイの重症型であるシェーグレン症候群の基礎研究に従事した後、97年から南青山アイクリニック院長。専門はレーシックを含む屈折矯正手術。