医療プレミア特集

夏でも乾く「ドライアイ」の新常識

中村好見・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
目薬は1日に10回以上差してはいけない
目薬は1日に10回以上差してはいけない

 パソコンやスマートフォンに囲まれ、日々目を酷使する生活を送っている現代人。最近、湿度は高いはずなのに、「ドライアイ」の症状を感じていませんか? ドライアイは涙の量の減少、または質の低下が原因で、目が「乾く」「かすむ」「疲れる」「ごろごろする」「痛い」「充血する」「かゆい」といった症状が生じる病気です。最新の研究や夏場のドライアイ対策について、ドライアイ研究の第一人者の横井則彦・京都府立医科大学准教授に聞きました。

この記事は有料記事です。

残り1926文字(全文2135文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

中村好見

毎日新聞 医療プレミア編集部

なかむら・よしみ 1984年生まれ。2008年に毎日新聞社へ入社、高松支局、和歌山支局を経て15年から医療プレミア編集部。幼少時に家族がくも膜下出血で倒れた経験から、医療とそれを取り巻く社会問題に興味を持つ。関心のあるテーマは公衆衛生、根拠と語りに基づく医療など。twitter:@yoshimi_nakamu