認知症110番

落ち着きがない体調悪かったり…トイレに行きたかったり…

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

【ケース1】

 同居している要介護2の母親(77)を介護しているが、毎日しまい忘れた物を探したり、家の中をうろうろ歩き回ったりしていて落ちつかない。兄は病弱、妹は手伝わない、毎日の介護でストレスがたまり夜も眠れない。ショートステイも騒ぐので無理と断られた=京都・女性

【ケース2】

 5世帯が同居している長男の嫁です。姑(68)と大姑(89)はまるでだだっ子のように自己主張が激しく毎日振りまわされています。言い合ったり、部屋を行ったり来たりして目が離せない。多忙とストレスで暗くなってしまいます=新潟・女性

この記事は有料記事です。

残り1362文字(全文1613文字)

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/