読んでみた -認知症ブックガイド-

「若年認知症になった夫と生きぬいて 8000日の夜と朝」

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

 最近でこそピック病は知られてきたが、まだ病気だと気付かない20年以上も前から夫の奇行や性格の変化に悩まされ続け、病名が分かってからも介護に苦しむ妻の8000日に及ぶ貴重な記録だ。

 夫は仕事熱心な営業マンだったが、11年3月に亡くなるその22年前に耳鳴りに悩まされ始める。そのうち仕事がうまくいかなく…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文356文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/