MMJ編集長のニュースな医学

アスピリンでがんの再発を予防!?

高野聡・毎日新聞 医療福祉部編集委員
  • 文字
  • 印刷

 「アスピリン」と聞けば、健康で薬と無縁の人も「あの痛み止めの……」と思い当たるだろう。1899年の発売以来、世界中で使われる解熱鎮痛薬の代名詞的存在だ。近年は解熱鎮痛薬の用量より少ない用量(100ミリグラム)を服用すると、血が固まるのを防ぐ抗血小板作用を発揮することが分かり、脳梗塞(こうそく)患者などの再発予防薬にも使われる。

 そのアスピリン(アセチルサリチル酸)について、国立がん研究センターなどのグループが「大腸がんの前段…

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文929文字)

高野聡

毎日新聞 医療福祉部編集委員

たかの・さとし 1989年毎日新聞社入社、地方支局勤務などを経て96年、東京本社科学環境部。医療・医学担当として病原性大腸菌O-157の集団感染、臓器移植法案および法成立後の1例目脳死移植などを取材。2009年新型インフルエンザを大阪本社科学環境部で取材。10年10月よりMMJ編集長、16年4月より医療福祉部編集委員。