認知症110番

認知症への不安−−自分の生活は自分の意志で

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

 最近、人の名を忘れたり、1万円札と5000円札を間違えたりすることが多くなりました。また、仕事上のミスも多くなり上司に怒られたりします。このため、周囲の目が気になり、対人恐怖の傾向も出てきました。今の仕事は好きなのですが、辞めようかどうか、悩んでいます=女性(53歳)

 60歳を過ぎてから、物忘れが気になっています。最近は、探し物ばかりしています。夫の死後、財産処理など山積していますが気力がなく、食事を作ることだけで一日が終わってしまいます。子供もなく、独り暮らしで今後が不安です=女性(68歳)

 同じ敷地に子供家族がいますが、一人で暮らし、食事、入浴などすべて自立している。しかし、人の名は忘れる、冷蔵庫から取り出すものを間違える。人付き合いが大変でゲートボールもやめた。車の免許を返上しようかどうか迷っている=男性(86歳)

 人はだれでも加齢と共に身体や心身機能が、衰えてくることは自然の摂理です。ケース1の方は、人名やお札の間違えがあると言うことですが、認知症の人は自分が間違っていることをすっかり忘れ気づかないものです。人の名がなかなか思い出せないのはある程度年を重ねた人の多くに見られるものです。認知症の始まりかとご心配でしょうが、あまり気になさらなくてもよいのではないでしょうか。

 ケース2の方は、物忘れが気になっておられるようですが、夫の死後、急に新たな生活になって、喪失感が大きくまだ落ち着かないのではないでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り998文字(全文1617文字)

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/