認知症110番

失禁−−プライドにもかかわる問題

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

【ケース1】

 今朝起きたら、介護度4の義母(97)が全裸でオムツを外していました。所構わず放尿し、介護も限界です。老人保健施設などを10軒ほど回りましたが、認知症がひどく受け入れを拒否されました。どうしたら良いでしょうか。=宮城・女性

【ケース2】

 同居の義母(81)の物忘れが進み、失禁も始まりました。私の誘導で、ある程度はうまく行っていますが、一人ではポータブルトイレも使えず、部屋中を汚します。オムツもいろいろ使い分けていますが、オムツ代も大変だし、介護保険になって負担も重すぎます。家には、入退院を繰り返す90歳の舅もいます。=愛知/女性

この記事は有料記事です。

残り1394文字(全文1666文字)

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/