医療プレミア特集

祖父母世代とは激変 今どきの「子育て常識」

鈴木敬子・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷

幸せな里帰り出産、育児を支えるために【後編】

 前回は里帰り出産する娘を迎える上での親の心構えや、支える際のポイントを聞きました。今回は親世代が子育てをした時代とは変わってしまった、育児の「常識」について伺います。

 --母親世代が子育てをした30~40年ほど前とは、多くの点で育児に関する考え方や方法が変わってきていますね。例えば、母乳よりも粉ミルクの方が栄養があると考えられていた時代もあったようです。

 母乳だけで栄養学的に問題がないだけではなく、赤ちゃんを守る免疫物質が含まれていることも分かっています。授乳の時に赤ちゃんと触れ合うことで、良い関係も築けます。昔はミルクに足りないものを果汁で追加しようと飲ませていました。今は、果汁を与えることに栄養学的には根拠がないことがわかっています。逆に果汁を与えるとおなかがいっぱいになって母乳やミルクを飲まなくなり、栄養不足になる可能性があると考えられてい…

この記事は有料記事です。

残り1784文字(全文2185文字)

鈴木敬子

毎日新聞 医療プレミア編集部

すずき・けいこ 1984年茨城県生まれ。法政大卒。2007年毎日新聞社入社。岐阜支局、水戸支局、横浜・川崎支局を経て、15年5月からデジタルメディア局。