あきらめない!膝痛・肩痛・腰痛

腰部脊柱管狭窄症に効く!かんたん運動療法

銅冶英雄・お茶の水整形外科機能リハビリテーションクリニック院長
  • 文字
  • 印刷

 前回は、中高年世代で悩まれている患者さんの多い脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)症の症状や診断方法についてご説明しました。今回は、具体的な治療法および自宅でできる簡単な運動療法についてご紹介します。

脚やぼうこうにまひがある時は手術を検討

 脊柱管狭窄症の一般的な治療法は、狭くなった脊柱管を広げる手術と、それ以外の「保存治療」に大別できます。通常は保存治療から始めますが、中には早急に手術をしたほうがいいケースもあります。たとえば脚やぼうこうにまひが起きている場合です。脚のまひの場合、自覚症状としては脚が動かない、または力が入らないと感じます。ぼうこうまひでは尿が出せない、または出しにくくなります。これらの症状は、脊柱管の中を通っている神経の束「馬尾(ばび)」が強く圧迫されて起きている可能性が高く、重症例が多いのです。放置すると、手術をしてもまひが回復しないこともあるため、できるだけ早く手術で圧迫されていた神経を解放することが大切です。

この記事は有料記事です。

残り1257文字(全文1681文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

銅冶英雄

お茶の水整形外科機能リハビリテーションクリニック院長

どうや・ひでお 1994年日本医科大学卒業後、千葉大学付属病院、成田赤十字病院、国立がんセンター中央病院、千葉県立こども病院、千葉リハビリテーションセンターなどで勤務。豪州ベッドブルック脊椎ユニット留学などを経て、2010年、お茶の水整形外科機能リハビリテーションクリニック(東京都)を開院。その間、04年には国際腰椎学会日本支部賞、05年には国際腰椎学会・学会賞を受賞した。20歳の頃からぎっくり腰を繰り返し、腰痛がくせになっていた体験を生かし、運動療法、靴、栄養療法を組み合わせて体の痛みを根本的に取る治療法を考案してきた。医学博士、米国公認足装具士。著書に「腰の脊柱管狭窄症が革新的自力療法痛みナビ体操で治った!」(わかさ出版)、「頸椎症を自分で治す!」(主婦の友社)、「腰・首・肩の激痛がみるみる消える!奇跡の自力療法『背中ほぐし体操』」(宝島社)など多数。