医療プレミア特集

働き盛りの命奪う「胆管がん」の厳しい現実

  • 文字
  • 印刷

 11日死去した任天堂の岩田聡社長(55)は、昨年6月に胆管腫瘍の手術を受け、その後闘病を続けてきた。しかし数日前に急変し亡くなったという。1月に同じ病気で亡くなった柔道家、斉藤仁さんも同世代の54歳だった。働き盛りの命を奪った胆管腫瘍(胆管がん)とはどんな病気なのか。【医療プレミア編集長・奥野敦史】

この記事は有料記事です。

残り1492文字(全文1643文字)