患者の気持ち

告知から5年 福島県小野町・女性(公務員・51歳)

読者投稿
  • 文字
  • 印刷

 6月23日、仕事帰りに5本のバラを買いました。乳がんの告知を受けてから丸5年の日です。

 この5年間にいろんなことがありました。義父が体の弱い義母を残して亡くなりました。東日本大震災があって、通院している病院が崩落し、仮設の病院に通いました。

 原発事故もありました。大切な人が次々とがんになり心配したり、自分の時には泣かなかったのにさらっと告白されて衝撃がひどくて涙もろくなったりもしました。身近なところに同年代の同病者がいて、2人…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

読者投稿

毎日新聞紙上、ウェブサイトなどに投稿された読者からの声