明日のきれいのつくり方

50歳ごろから進む声の老化

山下理絵・湘南藤沢形成外科クリニックR総院長
  • 文字
  • 印刷

突然声が出なくなる

 昨年6月、仕事を終えた夕方ごろからのどの違和感と声のかすれという症状が出始め、夕食ごろには声が出にくくなりました。熱も高くないし、扁桃(へんとう)も腫れていない、翌朝には治るだろうと高をくくっていましたが、翌朝目覚めてみると「声が出ない」。声帯を使用しない「ヒソヒソ話」はできるのですが、声帯発声ができません。午前中の外来はスタッフの協力を得てどうにか終了。耳鼻科の先生に喉頭鏡でのどを診ていただき「声帯結節」と診断されました。

 声帯結節は、声帯の両側が硬くなり動かなくなる病気です。歩きすぎて足にタコができて硬くなるのと同じよ…

この記事は有料記事です。

残り2034文字(全文2308文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

山下理絵

湘南藤沢形成外科クリニックR総院長

やました・りえ 2018年4月から湘南藤沢形成外科クリニックR総院長。外傷や再建、腫瘍など形成外科の診療はもちろんのこと、子供のあざやしみなどのレーザー治療では定評があり、多くの講演や教育を行っている。最近では、幹細胞を用いた乳房再建を行い、ウーマンライフのQOLの向上にも努めている。趣味と実益を兼ねたライフワーク「癒やしと美肌」への探究心は、1泊3日の過激な海外出張へも駆り立てる。信条は「気になるものは、まず自分で試す」。前職は湘南鎌倉総合病院の形成外科・美容外科部長、形成再生医療センター長。湘南藤沢形成外科クリニックR