医療プレミア特集

働く痩せ女性に潜む本当のリスク

西田佐保子・毎日新聞 デジタルメディア局
  • 文字
  • 印刷

 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病を引き起こすとして、そのリスクは認知されています。一方、「肥満」に対して語られることの少ない「痩せ」にも、健康上の問題はあるのです。

“痩せ形”が多い働く丸の内女性

 BMI(Body Mass Index;体格指数)は、世界保健機関(WHO)が定めた肥満判定の国際基準です。「体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)}」で求められます。厚生労働省が発表した2012年の「国民健康・栄養調査」によると、BMI18.5以上25未満の「普通」体重は全体の6割を超えるものの、BMI25以上の「肥満」は女性(20.3%)に比べて男性(28.6%)が多くなっています。またBMI18.5未満の「痩せ」は、男性(4.7%)に比べて女性(12.3%)が多く、ここ10年で増加傾向にあります。年代別にみると、痩せの割合は20歳代が21.5%で最も高く、30歳代も17.6%です。

 20~30歳代に多い痩せ形女性。東京・丸の内エリアで働く女性では、BMI18.5未満の「痩せ」の割…

この記事は有料記事です。

残り2009文字(全文2482文字)

西田佐保子

毎日新聞 デジタルメディア局

にしだ・さほこ 1974年東京生まれ。 2014年11月、デジタルメディア局に配属。 興味のあるテーマ:認知症、予防医療、ターミナルケア。