開眼!ヘルシーアイ講座

老眼鏡がいらなくなる?

戸田郁子・南青山アイクリニック院長
  • 文字
  • 印刷

 老眼とは、カメラのレンズのような役割をしている目の水晶体が、加齢で弾力を失って厚さを変えられなくなり、近くのものにピントが合わせられなくなって起きる「ピント調節障害」である−−。この連載の第1回でそのようにお伝えしました。つまり、年を重ねたら誰もが避けられない老化現象の一つで、平均して45歳前後で老眼鏡が必要になります。「本や新聞など近くの細かい字が読みづらい」「ぱっと遠くを見たり、近くを見たりした時に、ピントが合わない」。このような老眼の症状を放置していると、眼精疲労が重なって、頭痛や肩こり、食欲がなくなるなどの体の不調が表れることもあり、軽く見てはいけません。矯正方法には老眼鏡、コンタクトレンズ、そして手術があります。手術を受けると、老眼鏡のいらない快適な生活が待っているのでしょうか。南青山アイクリニック(東京都)の戸田郁子院長に、ニーズが高まっているという老眼の手術や注意点を聞きました。

 老眼を矯正する手術の中で最近増えているのが、「多焦点眼内レンズ」を挿入するものです。60代になって水晶体が白く濁る白内障の症状が出ていたら、一般的には保険適用の「単焦点眼内レンズ」を挿入します。ただこのレンズは、ピントの合う位置が1カ所に固定され、本来の水晶体のように自由に変えられません。そのため手術後、はっきりと見える範囲は限定され、老眼鏡や遠用眼鏡が必ず必要になります。そこで、単焦点眼内レン…

この記事は有料記事です。

残り1733文字(全文2336文字)

戸田郁子

南青山アイクリニック院長

とだ・いくこ 筑波大学卒業、東京慈恵会医科大学眼科、慶應義塾大学眼科学教室に入局。ハーバード大学眼研究所でドライアイの重症型であるシェーグレン症候群の基礎研究に従事した後、97年から南青山アイクリニック院長。専門はレーシックを含む屈折矯正手術。