病気を知る新・真健康論

細胞養い活力生む血液循環

當瀬規嗣 / 札幌医科大学教授

 全身を血液が流れるのは生きている証しです。本当に体の中を血液が流れているさまを見たことがある人は、ほとんどいないはずです。ところが、「血液が全身をめぐると、体に活力が湧き、元気がみなぎる」と表現すると、誰もが同感すると思います。これは、どういう理屈なのか考えてみました。

 心臓が止まると人は死んでしまいますが、これは心臓が止まったことにより血液の流れが止まってしまうためです。死んだ人から血液が消えてなくなるのではありません。死んだ人の血管の中は、やはり血液で満たされています。しかし、流れていない血液は何の役にも立たないというわけです。血液は流れることで、初めて役割を果たすのです。血液の役割とは、何でしょうか。それはズバリ「運搬」です。

 血液は肺に吸い込まれた酸素を全身に運びます。同時に、全身の細胞から生じる二酸化炭素を肺へ運び、呼気…

この記事は有料記事です。

残り1023文字(全文1394文字)

當瀬規嗣

當瀬規嗣

札幌医科大学教授

とうせ・のりつぐ 1984年北海道大医学部卒、88年北海道大学大学院修了、医学博士。北海道大医学部助手、札幌医科大医学部助教授、米シンシナティ大助教授を経て、98年札幌医科大医学部教授(細胞生理学講座)に就任。2006~10年、同医学部長。医学部長就任時は47歳。全国に医学部は国公私立合わせて80あるが、最年少の学部長。「40代は驚きで、加速し始めた医学部改革の象徴」と話題になった。専門は生理学・薬理学で、心拍動開始の起源を探求している。

イチ押しコラム

理由を探る認知症ケア
 

「家に帰りたい」は単なる帰宅願望ではなかった!?

 ◇「家に帰りたい」と言い続けるB子さん 最愛の夫を亡くしたことをきっかけに、認知症による混乱が増えてしまったB子さん。子どもたち…

ボストン発 ウェルエイジング実践術
玄米ごはん定食。論文によると、日本の食事で、死亡に影響している問題点は、1位が塩分過剰、2位は全粒穀物(玄米など)の不足だった

年1100万人を死なせる世界「不健康な食事」ランク

 全世界で年間1100万人、成人してから亡くなる人の5人に1人が、不健康な食事が原因で亡くなっている。喫煙や高血圧による死者より多…

無難に生きる方法論
 

「うつ病に効果あるかも」お笑いと健康の関係は

 明るく楽しく過ごすことが健康につながり、がんや高血圧、糖尿病の治療に良い効果があることはよく知られている。例えばがんと診断され、…

実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-
さまざまな情報が氾濫するインターネットの世界

ワクチンへの「否定」も「理解」も生んだネット情報

 ◇理解してから接種する--「ワクチン」の本当の意味と効果【36】 かつて日本でも猛威を振るった天然痘の根絶宣言が世界保健機関(W…

超高齢化時代を生きるヒント
東京都福生市の公立福生病院=2019年3月8日、本社ヘリから

「命は誰のものか」を深く問いかける透析中止問題

 人工透析を受けていた44歳の女性患者が、東京都福生市の公立福生病院の医師に透析中止の選択肢を示され、中止を選んだ後、死に至りまし…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア