病気が逃げ出すサプリ指南

未病とサプリメント

丁宗鐵・日本薬科大学学長
  • 文字
  • 印刷

 治療の必要がないのにいくつもの病院にかかってドクターショッピングをしたり、病気なのにさまざまなサプリメントを薬のように飲んだりといった人が、最近増えています。「病気」と「未病」はどのように違い、サプリメントはどんなときに活用したらよいのでしょうか。今回は、未病とサプリメントについて聞きました。

 病気が心配な気持ちはわかりますが、病気と未病は明確に区別できます。未病とは、病気に向かっている状態です。未病には、自覚症状があっても検査で異常がないタイプと、自覚症状はないけれど検査で異常が見つかるタイプがあります。未病の時期は、メンテナンスをすれば自分で健康を回復することができます。病院には行かなくてもよい段階で、サプリメントはこのときに効果が期待できます。一方、病気と診断された場合は、医療の専門家である医師のアドバイスを聞いて治療しなくてはいけません。

この記事は有料記事です。

残り1052文字(全文1431文字)

丁宗鐵

日本薬科大学学長

てい・むねてつ 1947年東京生まれ。医学博士。横浜市立大学医学部卒業。同大学大学院医学研究科修了。79年から81年まで米国スローン・ケタリングがん研究所に客員研究員として留学。日本東洋医学会漢方専門医・指導医。北里大学・東洋医学総合研究所研究部門長、東京大学大学院客員教授、東京女子医科大学特任教授を経て現在、日本薬科大学学長、百済診療所院長。近年の著書に「丁先生、漢方って、おもしろいです。」(朝日新聞出版)、「病気がイヤがる暮し方 江戸式健康心得」(春秋社)、「ガンが逃げ出す漢方力」(ヴィレッジブックス)など。