認知症110番

火の不始末−−介護者の不安大きいが

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

同居している息子からの相談。81歳の母は25年前に夫と死別、息子と2人暮らしだが、医者嫌いで行かない。1カ月前から入浴する意欲もなくなってきた。ガスのつけっぱなしが続いているので困っている。ガス栓をひねることもおぼつかない時もあるが、注意してもすぐ忘れてしまう。日中1人なので心配だ。=千葉県・男性

 同居している息子の配偶者からの相談。83歳のしゅうとめとは元来性格が合わなかった。69歳頃から認知症の症状が出現、1人暮らしのため引き取り同居している。たばこを吸っても吸っていない、とうそを言ったりする。息子の吸い殻を灰皿から探す。パートに行きたいが火の不始末が不安で行くこともできず、我慢の限界にきている。=兵庫県・女性

 遠隔地に住む娘からの相談。66歳の母と暮らしていたがうまくいかず別居。母は、よく電話で話しているがつじつまが合わない。ガスのスイッチの入れ方が分からないと言う。教えてもまたかかってくる。遠くて様子が分からないから気になってしまうがどうしたらよいでしょうか。近所の人がよく世話をしてくれています。=静岡県・女性

 火の不始末は、介護者が危険を感じ、万が一火事にならないとも限らないことを想定すると、何とかしなければと不安に思うのは当然のことですし、予測できる不安に対してなんらかの策をしておかないと一層不安を増してしまうものです。

 本人はその時は本人なりに気を使っているのでしょうが、すぐに目の前のことを忘れてしまうため、お茶を飲もうとしてお湯を沸かすためにガスをつけても、沸くまでに時間がかかるためにその場を離れ、つけたことを忘れてしまうのです。

この記事は有料記事です。

残り1077文字(全文1761文字)

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/