患者の気持ち

相棒と共生 東京都北区・女性(無職・72歳)

読者投稿
  • 文字
  • 印刷

 「この先、完治はありません」。パソコン画面を見ながら医師が告げました。昨年10月からの治療の経過観察を説明してくださる時のことです。3週間ごと14回目の化学療法終了後の私の状態です。

 昨年9月、体調が悪く近くの病院に入院しました。その時、8年前の乳がんが再発して肝臓、肺、乳腺、骨と全身に転移しているのが分かりました。コンピューター断層撮影(CT)画面の中で水玉模様の大小が、ふわふわとちりばめられて泳いでいました。全身に広がったがんに手術は無理のようです。でも私はいつ…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文591文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

読者投稿

毎日新聞紙上、ウェブサイトなどに投稿された読者からの声