認知症110番

食行動の異常−−食事の裏側にはその人の文化が凝縮

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

 老人保健施設を利用している父(82)は、食事を全部食べてもおやつをほしがり、置いてあるお菓子を全部食べては吐いてしまう。正月に外泊した時もあられ菓子を枕元に置いて絶えず食べている。片づけようとすると、夜中にトイレに起きた時に食べるのがおいしいという。=大分県・女性

 同居のしゅうと(83)は認知症が進み、日中台所や冷蔵庫を物色しては、なめたり、食べたりする。それなのに食べていないという。いつもしゅうとから目が離せず外出もできず、ストレスがたまる。要介護2。=兵庫県・女性

 同居している姉(70)がアルツハイマーと診断された。要介護4で通所介護・訪問看護・訪問介護を利用。食事はなんとか自分でできるが、どんどん口へ運び口いっぱいになってはみ出しても、なお口に押し込む。どうすればよいか。=東京都・女性

 食事は命を保つための基本的行為ですし、生活の中での楽しみの部分でもあります。認知症のために三度の食事が分からなくなり、規則正しく食べることができなかったりします。これらは、物忘れがひどくなり、空腹感や満腹感をつかさどる中枢神経の異常といわれています。そのために、食べたことを忘れて何度も食事を要求したり、いくら食べても満腹感が得られない状況、食べる行為そのものを忘れてしまったりすることなどが見られます。つまり、食事行為の異常となって表れるのです。表れ方はさまざまです。本能である食べる意欲をなくし拒食になったり、味覚がなくなったり、食べ物の識別ができず異食になったり、食べたいという欲求のコントロールができず過食状態になったりする人は少なくありません。

この記事は有料記事です。

残り1032文字(全文1711文字)

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/