がんと言われたらQ&A

精密検査の結果を聞く前に

竹本和代・医療ライター三嶋秀行・愛知医科大学教授
  • 文字
  • 印刷

 日本では2人に1人が一生のうち一度はがんになる時代です。しかし、それほど身近でありながら、多くの人が病気や治療について正しく理解しているとは言い難いでしょう。がんが命に関わる病気であることは確かですが、治療法は日々進歩しており、治る確率は高くなっています。がんとうまくつきあっていけるよう、がんが疑われたとき、がんと言われたとき、がんの治療を受けているときなどさまざまな場面で起こりやすい事態を取り上げ、Q&A形式で紹介します。監修は、愛知医科大学病院臨床腫瘍センター・臨床研究支援センター部長の三嶋秀行教授にお願いしました。消化器外科をベースとしつつ、がんの化学療法とセカンドオピニオンを含む診療相談を専門とされている三嶋教授に、がん治療の上流から下流までを見通しつつ、アドバイスを頂きます。【構成=医療ライター・竹本和代】

この記事は有料記事です。

残り1968文字(全文2332文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

竹本和代

医療ライター

たけもと・かずよ 共立女子大学文芸学部卒。PR会社勤務を経て1990年フリーランスライターに。医療・ヘルスケア領域の話題を中心に、主に雑誌、医療系ムックで取材・執筆活動を行う。興味のあるテーマはがん医療、QOL疾患、目・耳などの感覚器障害、東洋医学。

三嶋秀行

愛知医科大学教授

みしま・ひでゆき 1984年大阪大学卒業。同第2外科入局。箕面市立病院、国立大阪病院(現・国立病院機構大阪医療センター)外科医長、外来化学療法室長、臨床腫瘍科長などを経て、2012年に愛知医科大学教授。現在、同大学病院臨床腫瘍センター、臨床研究支援センター部長。専門は消化器がんの化学療法と診療相談で、新薬の国際共同治験や多施設共同臨床研究への参加実績も多い。また市民向けの講演活動も多数行っており、大阪弁でのわかりやすい語り口にはファンも多い。