認知症110番

不潔行為−−持ち上げるような声かけを

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

【ケース1】

 私たち夫婦と同居のしゅうとめ(88)は、軟らかい便が少しずつ出るのでオムツに手をいれては、そこら中に便を塗りたくります。入浴サービスでは、毎回浴槽に便をしてしまうので、利用をやめています。言葉の暴力もひどいので、精神的にも疲れました。=山梨県・女性

【ケース2】

 父(70)は母と2人暮らしです。仕事を辞めてから家の中に閉じこもるようになり、ゴロゴロしています。最近では、入浴をしない、歯も磨かない、身なりにも構わない、すべてがおっくうになってしまいました。忘れっぽく、人の話も理解できない状態です。=新潟県・女性

この記事は有料記事です。

残り1501文字(全文1764文字)

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/