開眼!ヘルシーアイ講座

年間手術数100万件!白内障の最新治療

三木恵美子・南青山アイクリニック医師
  • 文字
  • 印刷

 最近「光がまぶしく感じる」「かすんで見える」「眼鏡が合わなくなった」といった症状はありませんか? それは、もしかしたら「白内障」かもしれません。カメラのレンズのような役割をしている目の水晶体が白くにごってくる病気で、老眼と共に誰にでも起こりうる加齢現象の一つです。世界で最も手術件数が多いと言われ、日本でも年間約100万件の手術が行われる白内障。自分や家族が治療を受ける日が、遠くない未来にやって来るかもしれません。南青山アイクリニック(東京都)の三木恵美子医師に、治療や注意点について聞きました。

 水晶体がにごるのは、加齢や紫外線などによる酸化で、水晶体を構成するたんぱく質の性質が変化することが主な原因と考えられています。白内障の発症年齢にはかなり個人差がありますが、初期の混濁も含めた有病率は、60代で7〜8割、70代で9割、80歳以上でほぼ100%という報告があります。早い人は40〜50代で症状が出始めます。読書や運転、外に出かけた際に、違和感があって気付く人もいますが、徐々ににごってくるので気付かない人も多いのです。

 主な原因は加齢ですが、その他に先天性のものや、他の目の病気に続いて起こるもの、外傷によるものなどもあります。初期であれば、薬によって進行を遅らせられる場合もありますが、完全に治すことはできません。進行すると視力が低下し、黄色や茶色くにごってきて、サングラスをかけたような見え方になることも。放置しておくと失明することもあります。40歳を過ぎたら、定期的に目の詳しい検査をすることが大切です。

この記事は有料記事です。

残り1551文字(全文2213文字)

三木恵美子

南青山アイクリニック医師

みき・えみこ 東京医科大学卒業後、慶應義塾大学眼科学教室に入局。コロンビア大学留学後、永寿総合病院眼科部長を経て、南青山アイクリニック勤務。豊かな経験から繊細な手技を必要とする白内障手術をはじめ、斜視や眼瞼下垂、ドライアイ治療など、多岐にわたる眼の治療を担っている。