医療プレミアニュース

映画「ジストニア」 5日仙台で上映会

  • 文字
  • 印刷
脳深部刺激治療を受けた主人公の佐藤治子さん=映画「ジストニア」より
脳深部刺激治療を受けた主人公の佐藤治子さん=映画「ジストニア」より

 体の動きをコントロールする脳のプログラムの障害が原因の難病、ジストニアの患者が開頭手術を受け病気と闘うさまを追ったドキュメンタリー映画「ジストニア」の上映会が9月5日、せんだいメディアテーク(仙台市青葉区春日町2の1)で開かれる。午後2時開演。

 主人公は首の筋肉が勝手に収縮して自由に動かせなくなるジストニアの一種、痙性斜頸(けいせいしゃけい)の患者で、NPO法人「ジストニア友の会」創設メンバーの佐藤治子さん(56)。ジストニアは根本的な治療法が確立しておらず、治療は内服薬や神経ブロック注射、硬直した筋肉を弛緩(しかん)させるボツリヌス毒素の注射などいずれも対症療法だ。30年あまり症状に苦しんできた佐藤さんは2012年春、体幹が曲がりさらに痛みが強くなって、「脳深部刺激」という治療を受…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文868文字)