ひたむきに生きて

先端医療のリスク知る

天野篤・順天堂医院院長/順天堂大学教授
  • 文字
  • 印刷
心臓手術をする天野篤・順天堂大学教授(中央)=東京都文京区の順天堂医院で2012年5月21日、丸山博撮影
心臓手術をする天野篤・順天堂大学教授(中央)=東京都文京区の順天堂医院で2012年5月21日、丸山博撮影

保険医療の役割を再認識

 医療に関する報道は医師であれば誰でも気になりますが、最近の外科分野での医療過誤が続けて報じられていることは、同じ外科医として心を痛めるものがあります。大学病院勤務という意味でも対岸の火事ではすまされず、より一層医療安全を深める必要があると感じています。

 全ての患者の方には適正な医療を受け、病気を克服して健康を回復する権利がありますが、希望とは裏腹に思わしくない結果となる状況が少ないながらもあることも事実です。緊急であってもなくても、患者本人とその家族に、計画した医療行為の必要性と、それに代わる治療との比較、さらに合併症の可能性と対策方法について説明を尽くし、同意を得た上で治療を開始するインフォームドコンセントが重要であることが、ことさら明らかになりました。

 最近は、最先端の医療技術の知識を誰でも簡単に手に入れることができるため、患者の方やその家族が先端的…

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1192文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

天野篤

順天堂医院院長/順天堂大学教授

あまの・あつし 1955年生まれ。埼玉県出身。83年日本大医学部卒。亀田総合病院、新東京病院などを経て、2002年7月から順天堂大学教授、16年4月から順天堂大学医学部付属順天堂医院院長。12年に天皇陛下の心臓バイパス手術を執刀したことで知られる。