認知症110番

認知症の初期−−声に出し毎日同じ時間に同じ行動を

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

 妻(67)のことですが、2年前に仕事を辞めてから少しずつ物忘れが目立ってきました。たとえば、電話に出ているとき、受け答えをしているのですが、少したつとその内容を忘れてしまうので、困ってしまいます。電話に出ながらメモするものを探している様子なのですが、そばにないのでそのまま話して忘れてしまいます。私と2人暮らしですが、家での生活にはそれほど影響はないのですが、時々自分自身でもイライラしています。友人との待ち合わせの時間や場所を間違えたりしたことが数回あり、最近では友人と出かけることも少なくなり、このままでは認知症がどんどん進んでしまうのではないかと心配しています。

 しかし、時には以前のように話が弾み「これなら心配ないな」と思うこともあります。かかりつけ医からは認…

この記事は有料記事です。

残り1426文字(全文1761文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/