Dr.堀江重郎の健康羅針盤

革命的ながん新薬、免疫チェックポイント阻害剤とは

堀江重郎・順天堂大学教授
  • 文字
  • 印刷

 はじめまして。新しくこのコラムを担当させていただく泌尿器科医の堀江重郎と申します。泌尿器とは、「分泌する臓器」と「排尿に関係する臓器」を指します。具体的には副腎、腎臓、尿管、膀胱(ぼうこう)、前立腺、尿道、精巣、精巣上体、精嚢(せいのう)、陰茎が含まれ、これらの臓器に関する疾患を担当します。また、分泌する臓器には精巣や前立腺が含まれていますので、婦人科に対応して、男性特有の医学の問題を扱うメンズヘルスを扱う診療科でもあります。

 このコラムでは、「おしっこが出にくい」「腎臓結石のため救急車で病院に行った」「前立腺がんの治療に迷…

この記事は有料記事です。

残り2455文字(全文2721文字)

堀江重郎

順天堂大学教授

ほりえ・しげお 順天堂大学大学院教授、泌尿器科医。1960年生まれ。東京大学医学部卒業。日米で医師免許を取得し、国立がんセンター中央病院などを経て、42歳で帝京大学医学部主任教授に就任。日本初の男性外来であるメンズヘルス外来を開設。2012年より現職。手術ロボット・ダヴィンチを駆使した前立腺、腎臓手術のトップランナーであると同時に、アンチエイジングと男性医学、腎臓学の研究に没頭している。中高年男性をハツラツとさせるのが生きがい。日本メンズヘルス医学会理事長、日本抗加齢医学会副理事長。著書に「ヤル気がでる!最強の男性医療」(文春新書)、「男性の病気の手術と治療」(かまくら春秋社)ほか。