医療プレミア特集

体内時計狂わせる 夜のストレスに要注意

  • 文字
  • 印刷

 夕方から夜にかけて受けたストレスは、午前中よりも激しく生物の体内時計を狂わせることを、早稲田大の柴田重信教授(時間生物学)、田原優助教らのチームがマウスでの実験で発見した。近年、体内時計の乱れは高血圧、糖尿病、がん、うつ病など難病を含むさまざまな病気の原因になることが解明されつつある。今回の成果はストレスが病気を引き起こすプロセスの解明や、ストレスのコントロールで体内時計を正常化し、病気の予防につなげる方法の開発などに道を開くものになりそうだ。【医療プレミア編集長・奥野敦史】

この記事は有料記事です。

残り1562文字(全文1803文字)