読んでみた -認知症ブックガイド-

「認知症やひとり暮らしを支える 在宅ケア『小規模多機能』」

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

 「認知症になっても ともに老いて弱っても たとえひとり暮らしが心許(もと)なくなったとしても 介護や医療を受けながら できるかぎり自分の家で過ごしたい」(本書より)。

 恐らく多くの人がそれを望んでいることだろう。その受け皿として誕生した介護サービスが「小規模多機能型居宅介護」だ。居間と食堂と宿泊室…

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文371文字)

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/