南大東島の青空に浮かぶ「おり」、その中には人が……。連載第1回で、クレーンにつり下げられて海に下ろされる漁船の写真を紹介しましたが、定期便で島についた観光客も、同じようにして陸に上陸します=筆者提供
南大東島の青空に浮かぶ「おり」、その中には人が……。連載第1回で、クレーンにつり下げられて海に下ろされる漁船の写真を紹介しましたが、定期便で島についた観光客も、同じようにして陸に上陸します=筆者提供

 みなさん、病気やけがなど心身に関する緊急事態が起きたらどこへ電話をしますか?

島の119番通報がかかる先は?

 一般常識としては、119番に電話をかけるのではないでしょうか? 南大東島では、固定電話から119番にかけると、村役場にかかる仕組みになっています。役場の職員の方が電話を受けて内容を聞き、救急隊や消防団に連絡する流れです。そのため、役場では24時間の当直態勢が敷かれていて、誰かが常駐しています。連載第6回で紹介した夜間の「ワンクッションコール」を受けるのもこの当直の皆さんです。365日、空白があってはいけませんから、職員の方は交代制で役場に泊まり込んでいますが、家の事情や日中の仕事内容などのため、夜間当直ができない方もいて、職員の皆さんの負担になっているとも言われていました。

 そんな南大東島に、なんと来る11月から晴れて沖縄本島と同様の119番システムが導入されることになり…

この記事は有料記事です。

残り1905文字(全文2300文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

太田龍一

沖縄県立南部医療センター付属南大東診療所長

おおた・りゅういち 大阪府出身。2004年大阪市立大学医学部入学。同大学卒業後、10年から沖縄県立中部病院プライマリケアコースで研修。13年から現職。人口約1400人の南大東島で唯一の医師として、島民の日常的な健康管理から救急医療までを一手に担う。趣味は読書とランニング。毎年秋に開かれる島の運動会、駅伝大会への参加を目指し、鋭意トレーニング中。