つまみ食い栄養学

お酒は体質に合わせて

川端輝江・女子栄養大学教授
  • 文字
  • 印刷

 「お酒に弱い」と言われる人は、アルコールを体内で消化する時に生じる「アセトアルデヒド」という物質を分解する酵素(2型アセトアルデヒド脱水素酵素=ALDH2)の働きが弱いことが知られています。アセトアルデヒドは毒性が高く、分解されずに体内にたまると、心拍数の増加、頭痛、吐き気などのさまざまな不快な症状をもたらします。

 ALDH2の働きの強弱は、遺伝によって決まります。日本人を含むモンゴロイド系民族には働きが弱い人が…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文891文字)

川端輝江

女子栄養大学教授

かわばた・てるえ 女子栄養大学栄養学部基礎栄養学研究室教授