からだと病の歳時記

10月は寒暖差アレルギーに注意を

加藤士郎・野木病院副院長/筑波大学付属病院臨床教授
  • 文字
  • 印刷

 「天高く馬肥ゆる秋」という言葉もあるように、10月は1年で最も過ごしやすい季節といわれています。しかし、近年は気温の高低が著しく、1日の中や日ごとの気温の差(寒暖差)によって不調を訴える人が増えており、体調管理に注意が必要です。

じんましんやアトピーの症状も出やすく

 10月は、日中の最高気温が25度を超える日があるかと思えば、次の日には10度近く下がります。1日の中で、最高気温と最低気温の差が7度以上あることも珍しくありません。このように寒暖差が著しいと、さまざまな不調が起こりやすくなります。

 寒暖差によって起こる代表的なものは鼻の症状です。鼻の粘膜が急激に冷たい空気に冷やされると、その刺激…

この記事は有料記事です。

残り925文字(全文1224文字)

加藤士郎

野木病院副院長/筑波大学付属病院臨床教授

かとう・しろう 1982年獨協医科大学卒後、同大第1内科(現心臓・血管内科)入局。88年、同大第1内科大学院卒。第1内科講師、宇都宮東病院副院長などを経て、09年野木病院副院長、筑波大学非常勤講師。同年、筑波大学付属病院総合診療科に漢方外来開設。10年筑波大学付属病院臨床教授。筑波大学付属病院で漢方外来に従事するととともに、主に学生、研修医を対象に漢方の教育活動を行っている。編著に「臨床力をアップする漢方ー西洋医学と東洋医学のW専門医が指南!」(中山書店)。医学博士、日本内科学会認定医、日本呼吸器学会専門医・指導医、日本東洋医学会専門医・指導医、日本老年医学会専門医・指導医など。