幸せな認知症

薬より生活の張り合いを

上田諭・東京医療学院大学教授
  • 文字
  • 印刷

 認知症の正確な診断は診療の最低ラインである。大事なのは、診断した医師は次に何をすべきか、あるいは患者や家族は本当には何を望むか、である。それを考えるうえで、認知症という病をどうみるのかを、改めて考えてみたい。二つの見方を紹介する。

 一つは「脳が萎縮し機能が衰える病」とみる生物学的な「脳」からみた見方である。記憶が悪くなり、料理や家電の操作が苦手になり、着替えに困り、道に迷う。治療としては、これらの症状を克服しようと薬物療法が主に行われる。「認知症は脳の病」といううたい文句のもとに医療が従来行ってきた「医学モデル」での対応である。

 もう一つの見方は「自己肯定感(自尊心)と役割を失う病」とみる。いわば心理学的な見方、「心」に注目し…

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文1026文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

上田諭

東京医療学院大学教授

うえだ・さとし 京都府生まれ。関西学院大学社会学部では福祉専攻で精神医学のゼミで学ぶ。卒後、朝日新聞に記者で入社したが、途中から内勤の編集部門に移され「うつうつとした」日々。「人生このままでは終われない」と、もともと胸にくすぶっていた医学への志向から1990年、9年勤めた新聞社を退社し北海道大学医学部に入学(一般入試による選抜)。96年に卒業、東京医科歯科大学精神神経科の研修医に。以後、都立の高齢者専門病院を中心に勤務し、「適切でない高齢者医療」の現状を目の当たりにする。2007年、高齢者のうつ病治療に欠かせない電気けいれん療法の手法を学ぶため、米国デューク大学メディカルセンターで研修し修了。同年から日本医科大学(東京都文京区)精神神経科助教、11年から講師、17年4月より東京医療学院大学保健医療学部教授。北辰病院(埼玉県越谷市)では、「高齢者専門外来」を行っている。著書に、「治さなくてよい認知症」(日本評論社、2014)、「不幸な認知症 幸せな認知症」(マガジンハウス、2014)、訳書に「精神病性うつ病―病態の見立てと治療」(星和書店、2013)、「パルス波ECTハンドブック」(医学書院、2012)など。