人類史からひもとく糖質制限食

精製炭水化物が人類にもたらしたもの

江部康二・高雄病院理事長
  • 文字
  • 印刷

人類の食生活3段階と血糖値【3】

 今回は、人類の食生活3段階と血糖値シリーズの最終回です。

精製炭水化物の登場で起きた大変化

 前回、原初の組織的農耕が始まったのは約1万年前とお伝えしました。それは人類の食生活において大きな変化だったわけですが、その後、もう一度大変化が起こります。18世紀にイギリスで産業革命が起こり、蒸気機関が発明されると、大規模な製粉工場が登場しました。19世紀には、現在使われているロール製粉機も生まれ、ますます穀物の精製技術は進化しました。日本の場合はというと、江戸時代中期ごろから、庶民にも白米の習慣が定着していきました。

 すなわち、世界で精製された炭水化物が取られるようになったのは、ここ200〜300年のことです。現代…

この記事は有料記事です。

残り1446文字(全文1769文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

江部康二

高雄病院理事長

えべ・こうじ 1950年生まれ。京都大学医学部卒業。京都大学胸部疾患研究所(現京都大学大学院医学研究科呼吸器内科学)などを経て、78年より医局長として一般財団法人高雄病院(京都市)に勤務。2000年理事長に就任。内科医、漢方医。糖尿病治療の研究に取り組み、「糖質制限食」の体系を確立したパイオニア。自身も02年に糖尿病であることが発覚し、実践して糖尿病と肥満を克服する。これまで高雄病院などで3000人を超える症例を通じて、糖尿病や肥満、生活習慣病、アレルギーなどに対する糖質制限食の画期的な治療効果を証明し、数々のベストセラーを上梓している。