患者の気持ち

医師の笑顔 大阪市都島区・女性(無職・80歳)

読者投稿
  • 文字
  • 印刷

 紹介状を持って総合病院の心臓外科の診察室に入った時、先生は笑顔で会釈してくださいました。モニターを見て、次に胸に聴診器を当て「手術、早い方がいいですね……」。

 私は今までの不安な気持ち、昨夜あまり眠れなかったことも忘れ、全て先生にお願いしました。付き添っていた娘もこの変わりようにビックリしていたようです。先生は心臓の絵を描いて、足から取った血管を両側の冠動脈に付けるバイパス手術と、弁が石のように硬くなっていること等々説明してくださいました。次に…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

読者投稿

毎日新聞紙上、ウェブサイトなどに投稿された読者からの声