読んでみた -認知症ブックガイド-

「認知症ケア これならできる50のヒント」

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

 認知症の症状の少し進行した人に対するケアの本。

 食事、排せつ、入浴の三大ケアを一目でわかるイラストを使って紹介している。

 ヒントも具体的で、たとえば「調味料のかけ過ぎは文字で伝える」「片側が残れば器を回転させる」といった食事編や、トイレの「立ち位置や座る位置はテープなどを目印にする」「衣類は気持ちを…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文378文字)

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/