医療プレミア特集

「他者を助ける思い」こそ医療の本質

  • 文字
  • 印刷
米田堅持撮影
米田堅持撮影

上橋菜穂子さんインタビュー【2】

 小説「鹿の王」で異世界を舞台に異文化の交わりと衝突、その渦中で生じた謎の病の正体を追うサスペンスを描いた作家、上橋菜穂子さんへのインタビュー。2回目は上橋さん自身の医療観、医師観から、西洋医学と東洋医学のアプローチの差を知った実体験を語ってもらった。【聞き手=奥野敦史・医療プレミア編集長】

この記事は有料記事です。

残り2739文字(全文2901文字)