足のクリニック in 医療プレミア

「足の医師」を知っていますか?

桑原靖・足のクリニック 表参道院長
  • 文字
  • 印刷

 足、あるいは脚。その言葉から皆さんはどんなイメージを浮かべるでしょうか。手や腕と対になる。体を支える。 歩く、走る、ボールを蹴る……などなど。「手足」というくらいですから、体の部位の中では手と並んで、もっとも身近な存在でしょう。では、そんな足の健康と重要性については、どれほど意識しているでしょうか。実は、想像以上に繊細かつ複雑な構造と機能を持ち、体全体の健康維持に果たす役割も大きい足。その知られざる秘密を解説する連載が始まります。講師は、その名も「足のクリニック」というクリニックで日夜、足を診る桑原靖医師。まずは、私たちの足と、足の病気に関する常識を覆すところから、連載をスタートしましょう。【聞き手=医療プレミア編集長・奥野敦史】

 私が院長を務めるクリニック「足のクリニック」は2013年4月、東京・表参道で開院しました。その名の通り、足の症状、疾病に特化した日本初のクリニックです。

 「足専門」と言うと、多くの方は不思議そうな表情をされます。「整形外科ですか?」と尋ねられることもありますし、「足だけで一つのクリニックが成り立つのですか?」という質問を受けることもあります。専門用語を使うと、私たちは「足病学」を専門にしたクリニックということができます。また聞き慣れない言葉ですね。「足病学」は英語でポダイアトリー(podiatry)といい、足の病気を専門的に扱う学問のこと。米国を…

この記事は有料記事です。

残り1711文字(全文2308文字)

桑原靖

足のクリニック 表参道院長

くわはら・やすし 2004年、埼玉医科大学医学部形成外科卒業。足に対する悩みを持つ方が多いにも関わらず、足を専門的に診る医療機関はほとんどないという状況に疑問を持ち、2013年、東京・表参道に日本初の足の症状・疾病に特化した「足のクリニック 表参道」(2017年7月に名称変更)を開設。