認知症110番

軽度の認知症−−デイサービスなど利用し気分転換を

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

 夫の父(84)と同居しています。はたからみるとまったく普通の高齢者としか見えないのですが、一緒に生活していると軽度の認知症だと分かります。ですが、夫や妹たちは年齢のせいだと言うばかりか、嫁の私のかかわり方が悪いから認知症になってしまうと言うのです。一緒にいる時間が短ければ分かりませんが、例えば、お菓子ばかり食べていて、食事は少しの量しか取りません。食べたこともすぐ忘れてしまい、「りんごをむいて」とか、みかんを、あるいはバナナを「くれ」と言いながら、お菓子を食べ続けるのです。むしゃむしゃというのではなく、少しずつ、ちびちび食べるのです。お風呂に入ってもどこも洗わずに、ただ入っているだけです。薬もめちゃくちゃです。一緒にいてその都度声をかけているので、なんとかなっているのに分かってくれません。イライラの連続です。=神奈川県・長男の妻(55)

 少しの時間だけでは状況は分からないのが軽度の認知症の特徴です。でも一緒に生活をしていると気になりますよね。夫や妹さんたちは、少しくらいのことで何を言うのか、それよりも高齢なのだからやさしくかかわってくれればいいのに、と思う気持ちがあるのも親族の気持ちとしては自然かもしれません。だれが見ても変だなと感じる行動や明らかに周囲が困る問題などが起こってくると、認知症を認めざるを得ませんが、軽度で一見生活ができているように見えると理解できないものです。

 しかし、いくら軽度であっても、毎日生活を共にしていると見過ごすことはできませんね。たかだかお菓子や果物を食べるくらいいいではないかと思うのでしょうが、バランスや栄養を考えて作った食事を残して、体によいとは思えないお菓子などを食べ続けている姿をそばで見ているだけでたまりませんよね。その気持ちよく分かります。やさしく説明しても返事だけで、一向に止まらない状態をなんとかしようと工夫を重ねても変わらない…

この記事は有料記事です。

残り1008文字(全文1806文字)

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/