消化器がんと闘う医師 その名も小高雅人!!!

がんの中でも最強クラスの難敵 胆管がん

小高雅人・佐野病院消化器がんセンター長
  • 文字
  • 印刷

 今回は、川島なお美さんが54歳の若さで亡くなったことで、世間に広く知られるようになった病気「胆管がん」についてお話ししたいと思います。胆管がんは私たち消化器外科医が専門とするがんの一つです。今年は任天堂の岩田聡・前社長や、柔道家の斉藤仁さんもこの病気で、いずれも50代で亡くなり、多くの人に衝撃を与えました。それらのニュースを見るだけでも、胆管がんが非常に難しい病気である、ということは皆さんにも察していただけると思います。事実、すべてのがんの中でも、胆管がんは治療の難しさ、予後(治療後、何年生きていけるか)の悪さの両面で、もっとも困難なものの一つと言えます。

 広い意味での胆管がんは大きく分けて、肝臓の内部を通っている胆管から発生する「肝内胆管がん=胆管細胞がん」と、肝臓の外を通る胆管から発生する「肝外胆管がん」に分かれます。前者は専門的には「原発性肝がん」(肝臓で発生するがん)に分類され、肝がんの中では肝細胞がん(約90%)に次いで多いがん(約5%)です。限定的な意味で「胆管がん」と言う場合は、後者の「肝外胆管がん」の方を指します。川島なお美さんが患ったのは前者の方、肝内胆管がんでした。

 では、胆管とはどのような臓器なのでしょう。一言で言えば、肝臓で作られた胆汁を十二指腸に運ぶ管のことです。十二指腸に運ばれた胆汁は、そこで膵臓(すいぞう)から来た膵液と一緒になります。胆汁は膵液の持っている消化酵素を活発にする働きがあり、そのことで脂肪やたんぱく質を分解して小腸から吸収しやすい状態にしてくれます。

この記事は有料記事です。

残り1313文字(全文1971文字)

小高雅人

佐野病院消化器がんセンター長

こたか・まさひと 大阪府生まれ、1997年高知医科大学(現・高知大学医学部)卒業。同大学付属病院第1外科、高知県立中央病院(現・高知医療センター)外科、国立がんセンター(現・国立がん研究センター)東病院大腸骨盤外科などを経て、2006年から佐野病院消化器センターに勤務。13年同病院消化器がんセンター長に就く。専門は胃がん、大腸がんの手術と化学療法、その他の消化器がん治療。