MMJ編集長のニュースな医学

酒豪ジェームズ・ボンドのブラックアウト

高野聡・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷

 非常に、ごくごくまれにではあるが、楽しいお酒が過ぎて、どうやって帰宅したのか覚えていないことがある。国立病院機構久里浜医療センターの松下幸生(さちお)副院長によると、こうした記憶の欠落は「ブラックアウト」と呼ばれ、アルコールのために脳の神経伝達物質が働かず、直近の記憶が長期記憶に移行するのが妨げられることによって起きる。

 「ブラックアウトを繰り返しても認知症になるということはないが、多量飲酒は認知症発症リスクを上げる。やはり飲み方には注意が必要」と、松下副院長は警告する。

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文949文字)

高野聡

毎日新聞 医療プレミア編集部

1989年入社、メディア情報部、船橋支局、千葉支局などを経て96年、東京本社科学環境部。埼玉医科大の性別適合手術、茨城県東海村臨界事故など科学環境分野のニュースを取材。2009年より大阪本社科学環境部で新型インフルエンザパンデミックなど取材。10年10月より医学誌MMJ(毎日メディカルジャーナル)編集長、東京本社医療福祉部編集委員、福井支局長などを歴任。