患者の気持ち

満身創痍 東京都立川市・女性(無職・54歳)

読者投稿
  • 文字
  • 印刷

 3年前の10月に外出先で予想だにしなかった交通事故に遭い、一時、生死の境をさまよう大けがをしました。事故直後、すぐに駆けつけた救急車で近くの救命センターに搬送されました。事故の際に車に巻き込まれ10mほど引きずられた後に生じた骨折などのけがの箇所を、先生方や看護師の皆様が懸命に治療してくださいました。

 その後、車に巻き込まれた際に背骨が圧縮し、真ん中あたりが盛り上がった状態を治療するには、背中の8カ…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文630文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

読者投稿

毎日新聞紙上、ウェブサイトなどに投稿された読者からの声