アスリートドクターに学ぶ 健康エクササイズ

貧血や骨折の原因は月経にあるかも

順天堂大学女性スポーツ研究センター
  • 文字
  • 印刷

 アスリートでなくても女性なら経験のある月経のトラブル。トップアスリートほど、我慢強く、悩みを一人で抱え込んでいるといわれています。放置していては、なぜいけないのでしょうか。「順天堂大学女性スポーツ研究センター」のプロジェクトメンバーで、同大学付属浦安病院の「女性アスリート外来」で婦人科を担当する窪麻由美さんと中尾聡子さんに聞きました。

 −−女性アスリート外来とは、どのような診療科なのでしょうか。

 窪:私たち産婦人科医と整形外科医、メンタルの精神科医、スポーツ栄養士が一緒になって診療しています。受診する人は、中学生や高校生で競技に出ていたり、大学生で部活動をしていたり、実業団に入っている人に加え、個人もいます。国体や世界大会に出ている女性アスリートです。

この記事は有料記事です。

残り1955文字(全文2286文字)

順天堂大学女性スポーツ研究センター

研究の視点から女性アスリートのコンディション管理を支援するため、2014年に設立された。学内と学外から医学とスポーツ健康科学の専門家が参画して女性アスリートを支援する方策や環境整備などを研究している。同年10月には、国内初となる「女性アスリート外来」を東京と千葉にある2か所の順天堂大学付属病院に開設。医師による診療や試合に向けたコンディションづくりのアドバイスなども行っている。センターウェブサイト