実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

あなたは恐ろしい「耐性菌」を生み出していませんか?

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷

 前回は、風邪が細菌性かウイルス性かを見分ける方法として、レントゲンや血液検査はほとんどの検査で初回にはすべきでないこと、喀痰(かくたん=たん)、またはのどを綿棒でぬぐった「咽頭(いんとう)スワブ」のグラム染色検査が、短時間かつ安価で有用だということを述べました。

 今回は抗菌薬の飲み方の注意点をお話ししていきます。最も大切なのは「処方された抗菌薬は(大きな副作用がでない限りは)症状が改善しても最後まで飲みきる」ことです。この点は非常に大切です。抗菌薬は、中途半端な使い方をすればターゲットにした細菌が死にきらないだけでなく、後々、「耐性菌」を作りだす可能性があります。

 「耐性菌」とはその抗菌薬が効かなくなる菌のことです。単純に薬が効かなくなると大変だ、というレベルの話ではありません。そもそも「人類対細菌」の歴史は、耐性菌との戦いといっても過言ではありません。世界最初の抗菌薬ペニシリンが登場した当初は多くの細菌に効果がありましたが、そのうちに耐性菌が出現しました。するとその耐性菌に効く抗菌薬が開発され、その新しい抗菌薬が効かない耐性菌が出現して……というイタチご…

この記事は有料記事です。

残り2315文字(全文2801文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト