孤島の小さな診療所から

畑仕事に漁師の見習い それが医療実習になるわけ

太田龍一・沖縄県立南部医療センター付属南大東診療所長
  • 文字
  • 印刷
鎌を手に、島のお年寄りから野菜の収穫方法を教わる研修医の先生。体験から島の生活を学んでもらっています=筆者提供
鎌を手に、島のお年寄りから野菜の収穫方法を教わる研修医の先生。体験から島の生活を学んでもらっています=筆者提供

 南大東診療所には、医療系の学生や研修医の方々が毎年10〜20人も実習に来られます。私が島に赴任した当初は、診療所内で行う日常診療などの実習がメインでしたが、今は地域のいろいろな方々にご協力いただき診療所外での実習機会を増やしています。

離島の生活を知ってもらうための実習カリキュラム

 たとえば島のデイサービス施設を見学してもらい、離島の高齢者を支える仕組みを学んでもらったり、保健師と同行してお年寄りのお宅を訪問してもらい、高齢者の生活を実際に目で見て、体験してもらったりしています。季節ごとの島の行事にも、タイミングが合えば積極的に参加してもらい、島の運動会や、年に1度の豊年祭というお祭りの相撲大会に出場した実習生もいました。

 最近は新たに、「農業実習」「漁業実習」を始めています。実際に島の農家や漁師の方に一日付き添っていた…

この記事は有料記事です。

残り991文字(全文1356文字)

太田龍一

沖縄県立南部医療センター付属南大東診療所長

おおた・りゅういち 大阪府出身。2004年大阪市立大学医学部入学。同大学卒業後、10年から沖縄県立中部病院プライマリケアコースで研修。13年から現職。人口約1400人の南大東島で唯一の医師として、島民の日常的な健康管理から救急医療までを一手に担う。趣味は読書とランニング。毎年秋に開かれる島の運動会、駅伝大会への参加を目指し、鋭意トレーニング中。