医療プレミア特集

緩和ケアの誤解 医療用麻薬は怖くない!

西田佐保子・毎日新聞 デジタルメディア局
  • 文字
  • 印刷

 前回は、がん患者が抱える身体的苦痛、精神的な苦痛、社会的苦痛、スピリチュアルペイン(魂の痛み)などのトータルペイン(全人的痛み)を和らげる「緩和ケア」について解説しました。今回は、体と心の痛みをとることの大切さ、そして緩和ケアの課題について説明します。

 がんそのものの痛み、手術後の痛み、抗がん剤など治療による副作用など、がん患者の70%が身体的な痛みを感じています。1986年に発表された、モルヒネなどの医療用麻薬を使用して痛みを取り除くがん疼痛(とうつう)治療法「WHO(世界保健機関)方式」を適切に施せば、がんで苦しむ人の約9割の痛みは完全に取り除くことができると言います。しかし、日本では医療用麻薬に対する誤解があるようです。

 内閣府が実施した「がん対策に関する世論調査」(2014年11月)では、医療用麻薬を55.7%の人が「正しく使用すれば痛みに効果的」、52.8%の人が「正しく使用すれば安全」と肯定的に捉えています。一方、「だんだん効かなくなる」(37.1%)、「最後の手段」(32.6%)、「使用し始めたらやめられなくなる」(17.7%)、「副作用が強い」(15.3%)--との否定的な回答も目立ちます(複数回答)。…

この記事は有料記事です。

残り2179文字(全文2697文字)

西田佐保子

毎日新聞 デジタルメディア局

にしだ・さほこ 1974年東京生まれ。 2014年11月、デジタルメディア局に配属。 興味のあるテーマ:認知症、予防医療、ターミナルケア。