読んでみた -認知症ブックガイド-

「がまんしなくていい」

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

 新聞やラジオでおなじみの著者が、医学の専門知識を生かしつつ、生き方や健康法を分かりやすく解説する。

 著名人との交流が深く、とっておきの健康法がエピソードを交え紹介される。たとえば乳がんが見つかった倍賞千恵子さんは、手術台の上で自分の「下町の太陽」を歌った。歌うことでリラックスして、副交感神経が優位になり笑いが生まれる。周りの医師に…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/