明日のきれいのつくり方

薄毛に白髪、髪のお悩み最新治療法

山下理絵・湘南藤沢形成外科クリニックR総院長
  • 文字
  • 印刷

 慌ただしい年末、皆さま元気にお暮らしでしょうか? 私は、喉の調子がいまひとつで、患者さんとの会話に苦労しました。

 さて、今日は髪の毛のお話です。日本には、薄毛に悩む人が大勢いるといわれています。人の容姿は髪の毛によって大きく左右されます。男性にとっては、女性のシミやシワと同じぐらい深刻な問題で、アンチエイジング医療でも無視できないテーマの一つです。最近は髪の毛の悩みに医療として対応する取り組みが進歩してきました。

 男性の脱毛の主な原因とされているのは、加齢、男性ホルモン、遺伝の三つです。今回は、男性ホルモンが関係する「男性型脱毛症(AGA)」についてご説明します。AGAは早い人では10代から始まります。家族や親族にAGAの人が多い場合、特に父親がAGAであれば、遺伝する可能性は非常に高くなります。脱毛パターンは、前頭部から頭頂部のどちらか一方、もしくは双方から脱毛が進行します。AGAが厄介なのは、対処しな…

この記事は有料記事です。

残り2816文字(全文3225文字)

山下理絵

湘南藤沢形成外科クリニックR総院長

やました・りえ 2018年4月から湘南藤沢形成外科クリニックR総院長。外傷や再建、腫瘍など形成外科の診療はもちろんのこと、子供のあざやしみなどのレーザー治療では定評があり、多くの講演や教育を行っている。最近では、幹細胞を用いた乳房再建を行い、ウーマンライフのQOLの向上にも努めている。趣味と実益を兼ねたライフワーク「癒やしと美肌」への探究心は、1泊3日の過激な海外出張へも駆り立てる。信条は「気になるものは、まず自分で試す」。前職は湘南鎌倉総合病院の形成外科・美容外科部長、形成再生医療センター長。湘南藤沢形成外科クリニックR