医療・健康Tips

知らないうちに危険な状況に? 家の寒暖差に注意

  • 文字
  • 印刷

 冬の寒さが本格化するにつれ、注意したいのが突然死を招く恐れのある「ヒートショック」です。ヒートショックとは、暖かい部屋と寒い部屋を行き来したときなどの急激な寒暖差によって、血圧が変動することで、心臓や脳の病気を発症したり、意識を失ったりする健康被害のことをいいます。

 ヒートショックは、入浴時に多く発生しています。冬場、暖房をしていない脱衣所や浴室では、室温が非常に低くなっていることがあります。寒い脱衣所で衣服を脱いで裸になると、体の表面の温度が下がり、この刺激によって血管が収縮して血圧が急激に上がります。そして、浴室で熱めのお湯につかると、血圧はさらに上昇しますが、しばらくすると皮膚が温められて血管が拡張し、血圧は急に下がり始めます。

 このように、脱衣所で体が冷えてから熱い湯につかったときの急激な温度変化が、血圧に悪影響を与えます。その結果、入浴中に狭心症や心筋梗塞(こうそく)、脳梗塞を引き起こしたり、意識を失って溺れたりなど、命に関わることがあります。ヒートショックが原因で、入浴中に急死に至ったケースは、交通事故死の3倍を超えるともいわれています。

この記事は有料記事です。

残り2256文字(全文2739文字)